たのしいことをやってみる
まだまだ できること たくさん
やってみた

お部屋で簡単!『ブロッコリースプラウト』の育て方 秋~実施編

お部屋でブロッコリースプラウト栽培は、9月に一度チャレンジしましたが、

暑い時期は難しいらしく失敗しました。

11月後半で涼しく(寒く)なり再チャレンジ成功したので、

育て方とチャレンジの過程をまとめてみました。

必要な物

ブロッコリースプラウト用
容器 100均の小さな陶器の容器かお皿
キッチンペーパー コットンパフ
水道水
霧吹き お好み
遮光 アルミ箔や新聞紙等
やる気 少々


スプラウト用の種を使用する!

スプラウト用種は、発芽して間もないうちに食べることを想定して、

消毒がされていない種=安全

ブロッコリースプラウトの育て方

①種を水に漬ける

種は5~6時間か1晩程度、水に漬けておきます。

水に漬けておくことで、柔らかくなって発芽しやすくなります。

 

②種を撒く

熱湯消毒した容器に、コットンパフを敷いて水をかける。

 

種は熱湯消毒したピンセット等を使って、種同士が重ならないように、

均一に撒き広げる。

 

11月23日種まき。

水耕栽培は雑菌が天敵なので、とにかく消毒を徹底する。

容器や道具は必ず、消毒。食品なので熱湯消毒がベター

手で直接触らないが原則。

 

③遮光

発芽するまでと、発芽してしばらくは、アルミ箔や新聞紙で覆って遮光する。

遮光すると、ヒョロヒョロ~っと徒長して伸びてきます。

もやしやカイワレ大根のような感じ。

 

④水やり

発芽するまでは、種が水に浸るくらいの状態を保つ。

芽が上に向かって伸びてきたら、霧吹き等でやさしく水やり。

あまり勢いよく噴射すると、芽が倒れるので注意。

横からやさしく吹きかけるのがベター。

水やりは様子を見ながら、毎日朝夕。

匂いも要チェック。変な匂いしてきたら要注意。

 

11月24日発芽!(1日経過)

 

11月25日一気に全体発芽!(2日経過)

 

 

⑤日光に当てて緑化

茎がある程度伸びて双葉が開いてきたら、

アルミ箔の蓋を取って、日当たりの良い窓際に置きます。

日光に当てる緑色に緑化し始めます。

 

11月28日(5日経過)

 

11月29日(6日経過)

 

11月30日(7日経過)

日光に当てた途端に緑色に変わりました。

 

⑥約10日間で収穫

双葉が濃い緑色になったら収穫します。

根元をハサミでカット。

因みに、スプラウトは、成長点の下をカットして収穫するので、再生はできません。

 

12月3日(10日経過)

 

ツナとブロッコリースプラウトのサラダ

よく洗って水切りしたブロッコリースプラウトにツナ缶を投入。

和風ドレッシングをかける。

苦みやクセは全くなく、とても美味しい。

栄養満点!

 

お部屋で簡単!美味しい、『ブロッコリースプラウト栽培』でした。

皆さんも手始めに、挑戦してみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
よしな
《長崎》在住の ”よしな” と申します。異国情緒&ネコ香る長崎より愛と勇気を込めて発信中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です