たのしいことをやってみる
まだまだ できること たくさん
カメラ

感動!日本のウユニ塩湖!夕暮れに浮かぶ幻想的風景《香川県》『父母ヶ浜』ちちぶがはま

日本のウユニ塩湖とも称される、香川県 三豊市『父母ヶ浜

広大な遠浅の砂浜水平線に沈む夕日が織りなす、幻想的風景。

とにかく行ってみて感動!感動!でした。

この気持ちを伝えたくて、ちょっとご紹介。

インスタ映え写真もバッチリですよ。

是非皆さんも、夕日を見に足を運んで見ては?いかがでしょうか?

日本のウユニ塩湖と言われる由縁

ウユニ塩湖は、南米ボリビアの11000m²にも及ぶ広大で水平な塩の大地

雨で水が表面に薄く溜まると、そこに立つ人の姿が上下鏡になって幻想的風景を作り出す。

そんな、ウユニ塩湖のような写真が撮れると話題になっているのが、

ここ『父母ヶ浜』なんです。

父母ヶ浜』は、広大で遠浅な砂浜に、干潮時に良い感じの潮だまりが多数でき、

気象等の条件が合えば、ウユニ塩湖のような幻想的な写真を撮ることができます。

 

干潮と夕暮れが重なる時は、たくさんの人で賑わいます。

ベストポジションを求めて、試行錯誤。

 

ウユニ塩湖的写真を撮るには?

条件(重要):時期・時間・気象

・干潮の時間が夕日の沈む時間と重なる時

・よく晴れた、風と波が穏やかな時

・夕日が沈む前後30分ゴールデンタイム

この条件をよく調べて行きましょう。天気だけはどうにもなりませんが。

せっかく行ったのに、ただの海辺の写真ってなったら、残念ですよね。

わたしは、普通の夕暮れの海も好きなので、何も無くてもずっと見ていられますけどね。

 

ウユニ塩湖的 良い写真を撮るコツ

被写体は潮だまりの先の端夕日をバックになるようにカメラ位置を調整。

なるべく、大勢を避ける。これが難しい。シャッターチャンスを待て。

カメラは、水面ギリギリに構える。少し見上げるように。

夕方は、空の色も幻想的な色へ変わるので、あえて空を広く撮るのも良し。

様々な角度や露出もいろいろ試して、撮りまくる。

個人的には、暗めにしたほうが、被写体のシルエットがハッキリして良いかなと思う。

傘とかがあれば、シルエットがひと味違う、映える写真撮れそう。

 

写真と動画は、富士フイルムのミラーレス一眼カメラ X-S10 で撮影。

動画も少しですが、撮ってみました。↓

 

 

いつもキレイな砂浜をありがとう『ちちぶの会

『父母ヶ浜』は、ゴミが落ちて無くて、とてもキレイですね。

実は、『ちちぶの会』がボランティアで定期的に清掃作業をされているそうです。

『ちちぶの会』は、1995年に発足。当初7人から始め、今は100人を超える程になっているそうです。

皆さんのおかげで、こんな絶景が保たれているんですね。

ほんと感謝!感謝!です。

 

父母ヶ浜

〒769-1404 香川県三豊市仁尾町仁尾乙203−3

年中無休
24時間営業
広い無料駐車場有り
ドリンクチケット付の駐車場ネット予約有り。

『父母ヶ浜』公式ホームページはこちら↓

https://www.mitoyo-kanko.com/chichibugahama/

ABOUT ME
よしな
《長崎》在住の ”よしな” と申します。異国情緒&ネコ香る長崎より愛と勇気を込めて発信中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です