たのしいことをやってみる
まだまだ できること たくさん
癒やしなスポット

《佐賀》インスタ映え間違いなし!海に浮かぶ幻想的風景『大魚神社(おおうおじんじゃ)の海中鳥居』

海中鳥居と言えば、世界遺産の嚴島神社(いつくしまじんじゃ) 大鳥居が有名ですが、

佐賀県の太良町(たらちょう)にも、幻想的な風景を生み出している海中鳥居が、あるのをご存じでしょうか?

そんな、インスタ映え間違いなしの、絶景スポットをちょっとご紹介。

海中に導かれし、幻想的風景『大魚神社の海中鳥居

『大魚神社の海中鳥居』は、佐賀県の太良町の有明海に面した海岸線にあり、

3つの赤い鳥居が海中に建てられています。

干潮時は、先の鳥居まで歩いていくことができます。

海中に導かれるような、不思議な感覚になりますね。

有明海の広大な干潟の上にいると、日頃のストレスや不安もちっぽけに思えてきますね。

ストレス解消には、非日常に触れることが大切なんだと感じます。

 

    ▲ハートの神社がかわいい。

 

▲満潮時はこんな感じ。

 

▲入り口の看板が小さいので、見逃し注意!

 

《長崎》小長井  インスタ映え間違いなし!『ときめきフルーツバス停』全バス停紹介! 長崎県諫早市小長井町の有明海に面した道沿いにあるバス停が、 いろんなフルーツになっているのをご存じでしょうか? バス...

大魚神社の海中鳥居 由来(現地の看板記載を要約)

約300年前(1693年頃)悪代官に手を焼いた地区民が、沖ノ島に誘い酒盛りで酔った代官を島に置き去りにしました。

潮が満ちてきて、驚いた代官は竜神様に助けを求めました。

すると、大魚が現れ代官は魚の背中に乗って生還した。

感激した代官は魚の名前を取って「大魚神社」を建て、岸から約2丁(約200m)の海中に鳥居も建てた。

以後、海の安全と豊漁祈願が行われ、地区民の暮らしも豊かになった。

この鳥居は沖ノ島との間の鳥居であり、30年毎に建立する習わしが今も伝えられている。

《佐賀》九州最大規模のわさび栽培!わさび苑 多良岳 わさび栽培してるとこ見たことありますか? 実は、佐賀県の多良岳のほとりに、九州最大規模のわさび農園があるんです。 見...

佐賀県太良町は『月の引力が見える町

潮の満ち引きは、月の引力に関係しておきる現象です。

月が近い海では、海水が引っ張っられてもりあがり満ち潮となります。

また、反対側は引っ張る力が弱くなることで、海水が取り残され、こちらも満ち潮となります。

その間が、引き潮となります。

地球の1回転が24時間なので、干潮と満潮はそれぞれ12時間ごとに、1日2回くるようになっています。

ちなみに、太陽も引力(月より遠いので月の半分)があり、月と重なったときが、

引力最大となり、大潮ということになります。

太良町の有明海の海岸線は、干潟地帯となっていて、干満の差がとても大きく、6mにもおよぶと言われています。

そんな干潟地帯の干満による景色の変化が、はっきり目で見えるので、

月の引力が見える町』なんだそうです。

▲干潮時は広大な干潟が果てしなく広がります。

《長崎》《諌早》干拓地に壮大に広がる、コスモスの絶景!『自然干陸地フラワーゾーン』秋の花と言えば、コスモスですね。 長崎には、コスモスを楽しめるスポットがたくさんあります。 今回は、長崎の広大な諫早平野に広...

海中へと続く道路と電信柱の不思議

海中鳥居のとなりに、海中に伸びる道路と電信柱があります。

何か不思議な風景で、思わず写真撮っちゃいました。

この道路は、のり養殖などの漁業関係の荷揚げなどに使用する道路だそうで、

干潮時は、トラックが沖の方まで入っていきます。


▲大潮の時は、すごく先まで歩いて行けます。

 

▲お仕事のトラックが、走ってました。何か不思議。

 

▲満潮時は海の中。

非日常な景色は、リフレッシュに最適ですね。おすすめです。

是非一度、おでかけください。佐賀県の海中鳥居の紹介でした。

 

 

大魚神社の海中鳥居
〒849-1602 佐賀県藤津郡太良町多良1874-9地内

《長崎》春が来た!一面の菜の花と桜の絶妙なコントラスト!『白木峰高原』 寒い冬が終わり、春の訪れを感じる暖かさになってきました。 花大好き人間としては、わくわくしてくる季節が到来。 今回は...

 

ABOUT ME
よしな
《長崎》在住の ”よしな” と申します。異国情緒&ネコ香る長崎より愛と勇気を込めて発信中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。