たのしいことをやってみる
まだまだ できること たくさん
癒やしな時間

《長崎》やっぱり、長崎の人はネコに寛容!釣り人と野良ネコ

長崎は港町なので、ネコがとっても多いんです。

漁港=魚、魚=ネコですかね。

因みに、長崎県の海岸線の長さは北海道に次いで国内2位、4,137キロメートルもあります。

島の数は日本一で971個!、漁港の数は83箇所。

釣り人と野良ネコさんのほっこり風景(爆笑!)

ネコの写真を撮ろうと近所の漁港に行ってみました。

やさしそうなおっちゃんの釣り人が、釣りの準備中。

しばらくすると、ニャーニャーと鳴き声が!

知らぬ間に、野良ネコ応援団結成!

おっちゃんも、いつものことのように、「ちょっと待っとかんね!」ってやさしく声かけ。

何匹か釣った後に、ちょっと釣り場から離れた瞬間!

待ってましたとばかり、野良ネコさんが出動!

バケツに頭を突っ込んで、しれっと食わえて逃走!

慣れた感じでしたね。これは常習犯ですね。

リアル、おさかな食わえたドラネコ。=^_^=

 

釣り人はネコに寛容。

魚が無くなっているのに気づきましたが、別におこったりはしません。

笑って、野良ネコさんに「勝手に持って行ったやろ!もうやらんよ」ってやさしく声かけ。(笑)

結局、またお魚わけてあげていました。

ほんと、ネコに寛容ですね。

ネコとのふれあいも釣りの一部に入っているみたいで、やさしい気持ちになりますね。

わたしも釣りに行くので、気持ちわかるような気がします。

釣りは釣ることだけが目的ではないんですよね。自然とのふれあいも醍醐味なんですね。

おまけ。「岩合光昭さんの世界ネコ歩き」のような写真が撮りたい。

岩合光昭さんのネコ写真ファンなのですが、あんな写真が撮りたいですね。

特に島の野良ネコ写真シリーズが大好きですね。

ちょっと目つきの悪いところがたまりません。

岩合さんは、長年の経験によりネコの次の行動がわかるらしく、ネコの来るところを予想してカメラを構えているそうなんです。

低い体勢での長時間撮影の体力もすごいですよね。感心します。

 

わたしも岩合さんに見習って、長崎のいろんな所の野良ネコさんを探しまわって、

世界ネコ歩きならぬ、長崎ネコ歩きを突き詰めていきたいと思っています。

 

ネコ写真楽しい!話でした。

ABOUT ME
よしな
《長崎》在住の ”よしな” と申します。異国情緒&ネコ香る長崎より愛と勇気を込めて発信中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。