たのしいことをやってみる
まだまだ できること たくさん
アウトドア

《釣り》初心者におすすめ結束方法『ノーネームノット』解説

ジギング、ライトジギング、エギング等、ルアーフィッシングには、PEラインの使用が不可欠です。

PEラインは、細く引っ張り強度が強いので、軽いルアーを遠くに投げることができます。

でもPEラインは極細の繊維を編み込んで作られているので、魚の歯等で切れやすい欠点があります。

なので、フロロカーボンやナイロン製のリーダーが必要となります。

リーダーとPEラインの結束方法はいろいろありますが、

今回、初心者にもおすすめの『ノーネームノット』を紹介(解説)します。

結束方法で悩んでる方は、一度お試しください。

『ノーネームノット』解説

ノーネームノット』は、別名 『8の字ぐるぐる』とも言われる摩擦結束方法の一つ。

簡単に言うと、リーダーで8の字をつくってPEラインをぐるぐる巻きつけるって感じです。

①リーダーで8の字(エイトノット)を作る。

②8の字の中にPEラインを通す。

③リーダーへPEラインを8~10回程巻きつける。

④最後をハーフヒッチで軽く仮止め。

⑤仮止めから逆方向に8~10回巻き戻す。

⑥再度8の字に通して戻す。

⑦ラインを引っ張り締め込む。

①リーダーの8の字を締め込む。

②リーダーとPEライン2本を引いて、しっかり締め込む。

重要!)PEラインは摩擦熱に弱いので、ツバや水をつけてから締め込むこと。

締め込み時は、皮手袋等で手を保護。(PEラインは細いので、手を切りやすい。)

⑧メインラインとリーダーを一緒に6回程、向きを交互にハーフヒッチで止めていく。

⑨さらにメインラインのみを4回程、向きを交互にハーフヒッチで止める。

⑩最後に両側から引っ張り、強度を確認する。

ノーネームノットの利点

ノーネームノットは、8の字の中をライン通すので、すっぽ抜けはほとんどありません。

(自信、今まですっぽ抜けたことは無いです。)

あまり複雑ではないので、何回か練習したら、徐々に早くできるようになると思います。

慣れれば、釣り場でも問題なく結ぶことができルと思います。

 

Let’s チャレンジ!

ABOUT ME
よしな
《長崎》在住の ”よしな” と申します。異国情緒&ネコ香る長崎より愛と勇気を込めて発信中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。