たのしいことをやってみる
まだまだ できること たくさん
アウトドア

《釣り》釣って楽しく!食べて美味しい!お魚『メッキ』

長崎では、夏から秋にかけて、『メッキ』という魚がよく釣れます。

ルアーで簡単に釣れる人気のターゲットです。

今回は、釣って楽しく!食べて美味しい!お魚『メッキ』のご紹介。

『メッキ』とは、どんなお魚?

ギンガメアジの幼魚のことを長崎では『メッキ』と呼びます。

地方によっては『エバ』『ゼンメ』とか呼び方は様々。

熱帯海域の魚ですが、暖流に乗って日本に稚魚がやってきます。

但し、そのほとんどは、冬の寒さに耐えきれず、死んでしまします。

なので、『死滅回遊魚』 と言われています。

因みに、ギンガメアジの仲間のロウニンアジの生魚は、ダイバーや釣り人の憧れ『GT』です。

『メッキ』の釣り方

『メッキ』は比較的簡単に釣れるので、ルアーフィッシング入門に最適ですね。

小さいわりには、引きが強いので、やりとりが楽しい!(さすがGTの幼魚)

釣れる場所と時間帯は、朝夕まづめの河口付近がおすすめ。

メバリングロッドに極細PEライン+小型のメタルジグが基本。

釣り方は、高速巻き+少し止めや、チョンチョンとアクションを入れるとかが、反応が良い。

スローでは、すぐ見切られる。

ルアーは色違いやサイズ違い用意して、釣れ具合で、チェンジしていく。

同じルアーばかりだと、見切られて釣れなくなる。

活性が高いときは、表層をホッパーで引くのもおすすめ!。

(表層でのヒットシーンは超楽しい!)

テトラ帯で釣るときは、滑らない靴を履く。滑るので注意!

フェルトスパイクシューズがベスト。

『メッキ』ルアーフィッシングに必要な釣り具。

ロッド:メバリングやアジングロッド(7フィート前後2~2.5m)

リール:2000番くらい

ライン:PE0.3~0.5号

リーダー:1.0~1.2号

PEラインとリーダーの結束:ノーネームノット

《釣り》初心者におすすめ結束方法『ノーネームノット』解説 ジギング、ライトジギング、エギング等、ルアーフィッシングには、PEラインの使用が不可欠です。 PEラインは、細く引っ張り強...

ルアー:小型のミノーやメタルジグ(3g~7g)。ジグヘッド+ワーム。

ルアーの色は銀、白、金等数種類あったほうが良い。

(最近のルアーは、本物そっくり!)

食べて美味しい『メッキ』レシピ

『メッキ』はアジの仲間なので、とても美味しい魚です。

とくに、『カルパッチョ』がおすすめ。

『メッキのカルパッチョ』

頭と内臓を取って、セイゴを取る。

セイゴ取らなくても皮引けますが、ちょっとやりにくいので、取ります。

三枚におろして、血合い骨と腹骨を取る。

(釣りたて新鮮なので、身が透き通ってて、キレイ!)

皮を引いて、少し大きめの刺身にする。(皮は指でもむけます)

パプリカ、水菜、大葉を切る。(パプリカは、薄く切る)

刺身と野菜を混ぜて、和風のドレッシングで和えれば、できあがり!

(パプリカはとってもカラフルなので、食欲が上がります)

『メッキの天ぷら』

頭三枚におろして、腹骨を取って、軽く塩をふる。

血合い骨は細いので、取らなくても大丈夫いいです。

天ぷら粉をつけて、少量の油で揚げる。

(天ぷらは、表面サクサク、中はふっくらで、うまい!)

メッキのフライ(追加メニュー)

三枚におろして、腹骨を取って、軽く塩をふる。

血合い骨は細いので、取らなくても大丈夫いいです。

小麦粉→溶き卵→パン粉をつけて、少量の油で揚げる。

メッキのフライ、超うまいです。やっぱりアジの仲間はおいしい!

 

(メッキだけで、立派な夕食のおかずになりました。)

釣って楽しく!食べて美味しい!お魚『メッキ』のお話でした。

ABOUT ME
よしな
《長崎》在住の ”よしな” と申します。異国情緒&ネコ香る長崎より愛と勇気を込めて発信中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。