たのしいことをやってみる
まだまだ できること たくさん
やってみた

超簡単!オリジナル名刺を『Canva無料版』で自作してみた。

先日、行きつけのカフェでの出来事。

自分のブログでお店を紹介していることを話したら、ブログ名とURL聞かれ、

その場でブログ見てもらったらとても喜んでもらえたんです。

さらに代表者の人が出てきて、丁寧な説明と名刺までいただきました。

が、渡す自分の名刺が無い!・・・

で『ブログ用名刺作らいないと!』と、今回名刺自作にチャレンジしてみました。

思ったより簡単に、お安く名刺自作ができたので、参考にちょっとご紹介。

 

Canva』無料版で名刺オリジナルデザイン作成

わたしのブログ画像編集は、Canva無料版を使っています。

文字や矢印入れる画像編集くらいなら、Canva無料版で十分使えます。

おすすめの画像編集ソフトですよ。

 

使えそうな無料名刺デザインを編集して、オリジナルデザインを作成。

 

作成した名刺デザインをjpgでダウンロード。

Canva無料版はサイズ変更できないので、デフォルト85mm x 50mmで保存されます。

Canva公式ホームページ

 

 

表計算ソフトEXCELでA4サイズに配置&PDF印刷

EXCELのセルの高さと幅を調整いて、フォームを作っておく。

セルの幅42.2 ,高さ151.1に設定するとちょうど名刺サイズ。

切り損じを回避する為に、画像間に隙間用のセルを入れておく。

用紙の余白は上下左右0.2cmに設定。

オリジナル名刺画像を挿入。

 

挿入後にプロパティのサイズを名刺のサイズ『91mm x 55mm』へ変更する。

 

サイズ変更した画像を選択コピー(Ctrl+c)して、後の9カ所のセルに貼り付ける(Ctrl+v)。

すべて貼り付けたらPDFへ印刷(A4)。A4サイズで名刺10枚分。

PDFデータをUSBメモリに保存する。

 

kinkos』に持ち込み名刺用紙へ印刷

kinkosにUSBメモリを持参してカラー印刷する。

 

kinkosで印刷の手順

①受付の人にUSBメモリから名刺用カラー印刷したいと相談。

②好みの用紙(少し厚めの光沢ありなし等)を選んでコピー機まで案内されます。

店員さんがコピー機に用紙をセットしてくれる。

初めてだと言えば、親切にいろいろ設定を教えてくれます。

コピー機USBメモリ差し込み、印刷したいPDFデータを選択。

試しに1枚印刷して、問題無いか確認(これ重要!)して、必要枚数を印刷する。

④印刷終了したら、受付でお支払い。

用紙にもよりますが、A4で1枚60円くらい。

A4で名刺10枚とれるので、名刺1枚あたり6円となりました。

kinkos公式ホームページ

名刺サイズへのCUT

A4サイズの用紙から名刺サイズにCUTする。

koins店内にCUTする作業場所があり、無料で使えます。

カッターナイフやその他の道具もそろっていて超便利。

混んでなければ、お店でCUT作業したほうが効率的ですね。

 

もちろん自宅でCUTもOK。

 

(追加)QRコードも追加で入れてみた。

QRコードアプリで簡単に作成できたので、名刺に追加してみました。

QRコード入れたほうが、親切&少しかっこいい

アプリにURL入れるとQRコードが生成されます。

QRコードを切り取って名刺DATAへ貼り付け。

 

名刺自作した感想

今回ブログ用の名刺をCanva無料版で自作してみました。

名刺の作り方はいろいろあるので、その人の環境によっていろいろあるかと思います。

デザイン作成は、普段使っている画像編集ソフトCanva無料版

印刷とCUTkinkosで、簡単にしかも安く作ることができました。

デザインも初めて作ったわりには、良くできたと満足しています。

今回は名刺の自作でしたが、次はカレンダーとかにもチャレンジしてみようかと思います。

以上、オリジナル名刺を自作したみたお話でした。

オリジナル名刺自作考えてる方へ、少しでも参考になればうれしいです。

 

ABOUT ME
よしな
《長崎》在住の ”よしな” と申します。異国情緒&ネコ香る長崎より愛と勇気を込めて発信中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。