たのしいことをやってみる
まだまだ できること たくさん
カメラ

全くのカメラ初心者がミラーレス一眼カメラを買ってしまった!

久々の更新です。なぜなら、ここ一ヶ月カメラを買うことで頭が一杯だったからです。

わたしは、カメラに関しては、まったくの無知です。皆無です。

花や景色の写真を撮るのが大好きで、花の時期をいつもチェックして、いろいろ撮りに出かけます。

自分の人生において、季節の花の写真撮影は、ライフスタイルになってきました。

写真は、スマホで全て撮っていました。

今のスマホは、画像も良く、とっても綺麗に撮れます。なんの問題もありません。

そんなわたしが、なぜ高価なミラーレス一眼カメラを買ってしまったんでしょうか?

なぜ、ミラーレス一眼カメラを買ってしまったのか?

それは、写真に少し違和感を覚えたからです。

ようは、スマホの写真は、普通に綺麗な写真が撮れるということなんです。

普通に綺麗な写真を誰もが同じように撮れるということなんです。

これは、花の写真集を見れば、一目瞭然!。

スマホの写真には、個性・味が少ないんです。(わたしが撮った場合ですよ)

写真集に載っているような写真は、スマホでは撮れないんです。

いろいろ試してみましたが、わたしの力では撮れないんです。

なので、一眼カメラなら写真集みたいなのが撮れるんじゃないかと、あさはかな考えを持ったわけです。

一眼レフカメラとミラーレス一眼カメラの違い(簡単な説明)

一眼レフカメラには、一眼レフとミラーレス一眼があります。

主な違いは、ファインダーの構造にあるみたいです。

一眼レフ:レンズを通して入ってくる光をボディー内のミラーに反射させて光学式のファインダーに投影する。

一眼レフは昔から培わされてきた構造で、機械的なミラーなどで構成されていて、大きめで重いみたいです。

機会的な分ファインダーへのタイムラグが少なく、玄人向けな印象です。

価格もいろいろありますが、高額なものが多いですね。

ミラーレス一眼カメラ:ミラーが無く、電子的に電子ビューファインダーに表示させる。

ファインダーまでの機械的な部分を電子化した感じでしょうか。

機械的な部分が少ない分、軽くてコンパクトになっています。

電子ファインダーなので、少しタイムラグがあるようですが、素人にはわかりません。

価格は、一眼レフより低く設定されているようです。

カメラ探しの旅!

ほんとに悩みました。いやになるくらい。

電気店を何件もハシゴし、本屋でカメラ雑誌を読みあさり、ユーチューブを見まくり。

いろいろ調べてみてみると、とにかく手にとってみることが、一番大事だとわかり。

再度、電気店をまわってみました。

カメラは、電気店で買うものと思っていました。

ビックカメラとかカメラ専門店が近くに無いと思っていたのですが、

あるじゃないですか、カメラのキタムラさんが。

それで、行ってみました。

沢山のカメラが店頭にずらっと並んでいました。(写真撮るだけじゃなかったんですね。)

でも、びっくりするような値段の数々!!ちょっと引きました。

とりあえず、値段は見ずに、そこにあるカメラを手当たり次第、手にとってみました。

手にとってびっくり、カメラってこんなに重いんですね。

こんなの持ち歩いたら、肩凝ってしょうがないのでは!と思いましたね。

そんな中にミラーレスっていうのがあって、これが以外と軽かったんです。

価格も抑えめだったので、買うならミラーレスかなっと。

FUJIFILM X-S10を選んだ理由!

散々悩んで購入したのは、FUJIFILM X-S10 です。

選んだ理由は、

  1. グリップが大きめで、持った感じが、わたしの手にぴったり。(これは大変重要)
  2. 軽い・小さい(基本持ち歩くのが前提なので)
  3. ファインダーがある。(ファインダーを覗いて撮った方が写真撮ってるって感じになれる)
  4. あまりお高くないもの。(わたしにとっては、十分お高いんですけど)
  5. フィルムシュミレーションがある。(誰でもそれっぽい写真が撮れるんだそう)

(ダブルズームレンズキットがお得!)

この記事の写真は、購入翌日に撮ったものです。

スマホとは、雰囲気が全然違いますね。

これで、しばらくは、休日は写真三昧ですかね。楽しみが一杯です。

カメラについては、これからいっぱい勉強して、楽しんでいきたいと思っています。

 

ABOUT ME
よしな
《長崎》在住の ”よしな” と申します。異国情緒&ネコ香る長崎より愛と勇気を込めて発信中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。