たのしいことをやってみる
まだまだ できること たくさん
カメラ

《カメラ》カメラを通せば、何気ない風景も違って見える!

初めてミラーレス一眼カメラを購入してから、休日に写真撮影に出かけました。

今まで、気にせず通り過ぎていた何気ない風景が、

カメラのファインダーを通して見ると、まるで違って見えました。

道端の小さな花々・何気なく見ていた海岸線や空。

ここまで違うとは!、もう、ガッツリはまりそうな予感。

まずは、『Aモード』だけで撮影開始!

いろいろ、調べてみて、まずは、Aモードで撮影だそう。

Aモードとは、絞り優先モードで、明るさやシャッタースピードその他は、カメラが自動でやってくれる。

絞りとは、絞り値(F値)が小さいと奥のほうがぼけて、ふわっとした感じの写真になります。

逆に絞り値(F値)が大きいと、奥のほうもはっきりして、くっきりした印象の写真になります。

今回購入した、FUJIFILM X-S10では、右前のダイヤルで絞り値が変更できます。

明るさの補正は、右後ろのダイヤルで調整できます。

なので、ファインダーを覗きながら、右手だけで操作が可能。

(普段は気にもしない草花もいい感じ)(絞りを小さくして背景をぼかしてみる)

 



とにかく、撮りまくれ!(習うより慣れろ!)

雑誌や専門誌も一通り見て勉強していますが、やっぱり撮ってみないと理解できませんね。

最初は、絞り???露出???フィルムシュミレーション??? でしたが。

休日ガッツリ撮りまくった結果、何となく構成が理解できてきました。

カメラ屋さんにも、『とにかく撮りまくってください!』って言われました。

習うより慣れろ!ですね。

でも、ある程度慣れてきたら、専門書を見ながら試行錯誤で、ステップアップですかね。

(少し暗い方に露出補正したら、海が青くキレイに撮れました)

 

 (飛行機雲もキレイに撮れました。一眼レフカメラって凄い!)

 

FUJIFILM XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ 用レンズフード JJCのLH-XF1545

今回購入したFUJIFILM X-S10のセットレンズのXC15-45MMには、レンズフードが付いていませんでした。

ネットでいろいろ調べて、アマゾンで JJCのLH-XF1545 を購入。

バッチリ装着できたので、参考に紹介しておきます。価格は1500円程度。

レンズフード→レンズプロテクタ→レンズキャップの順に装着できます。

小さくていい感じです。

(レンズキャップも問題なく装着。)

 

 

 

ABOUT ME
よしな
《長崎》在住の ”よしな” と申します。異国情緒&ネコ香る長崎より愛と勇気を込めて発信中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。