たのしいことをやってみる
まだまだ できること たくさん
やってみた

『万能ネギ(小ネギ)』を水耕と植木鉢で『再生栽培』。2年目チャレンジ《6月~編》

前回、初めて万能ネギ(小ネギ)再生栽培をやってみて、

とても面白かったのですが、いろいろ改善点が見つかりました。

今回は、経験を踏まえ、少し進化したやり方で、6月~編として再度チャレンジ

万能ネギ(小ネギ)再生栽培チャレンジ開始(6月4日)

スーパーで買ってきた万能ネギ(小ネギ)を10cmくらい残してカット

万能ネギ(小ネギ)は、根っこの長くキレイなのを選びましょう。

切ったネギは、一日水につけて根っこを少し元気にします。

《超簡単》一度使った植木鉢(プランター)の土の再生(リサイクル)方法と手順 植木鉢やプランターで野菜や花の栽培した後の土は、どうしてますか? 毎回捨ててますか? でも、捨てるのは、ちょっとエコ...

再生栽培の方法は次の2種類

水耕栽培ペットボトルに水を入れて栽培。

今回はペットボトルでチャレンジ。

1~2日で交換1週間に1回液体肥料を与える。

 

500mmのペットボトルを半分に切って使用。

柔らかめの100均スポンジ。遮光のために黒を選択。

適当な大きさに切る。

スポンジに切り込みを8等分くらい入れる。

中心部はネギが通るので、最後まで切り込む。

小ネギを穴に通して、飲み口から少し根が出るくらいに調整。

根っこが飲み口に詰まるので、ピンセットとかでかきだす。

根っこの先だけが水に浸かるようにする。

水入れすぎないように!

根っこの半分が浸かるくらい。根っこには酸素も必要。

根っこに直接日が当たると良くないみたいなので、茶色画用紙で覆いました。

植木鉢栽培植木鉢培養土を入れて栽培。

表面が乾いてきたら水やり

万能ネギ(小ネギ)は水やり過ぎると根腐れする。

1週間に1回液体肥料を与える。

底石と培養土を入れる。

今回、おしゃれだと思って、黄色の植木鉢を購入しましたが、

よく調べたら、黄色は、害虫を寄せつけやすいらしので、避けたほうがいいかも?

たしかに、黄色の花の幹にたくさんのアブラムシがついていた記憶が!

黄色は害虫を寄せやすい!?(植木鉢の色選択は注意)

   

1/3程度万能ネギ(小ネギ)を埋めて、水やり。


 

再生栽培チャレンジ 6月12日(8日経過)

元気いっぱい再生中。

水耕栽培:最長17cm

 

根っこも長くなってきました。

 

植木鉢栽培:最長13cm

 

 

祝!第1回再生収穫  6月18日(14日経過)

気温が高いので、再生スピード速いですね。

チャレンジ2週間第1回目収穫。(折れそうなので)

一回目再生は、まだまだ元気なので太いです。

 

水耕再生栽培:最長27cm

根っこも変色もなく、元気に育ってます。

 

植木鉢再生栽培:最長21cm

 

まだまだ元気そうなので、再生頑張ってね!

 

2回目再生中! 6月26日(22日経過)

2回目も元気に再生中ですが、梅雨に入り、

日照不足のせいか、少し成長が遅く感じますね。

 

水耕再生栽培:最長12cm

水耕栽培の根っこは、まだキレイです。

やっぱり、遮光がきいてるみたい。

 

植木鉢再生栽培:最長8.5cm

 

害虫発生? 7月2日(28日経過)

梅雨が明けやっとジメジメから解放されましたが、今度は30℃を越す真夏日が続き、

わたしは、もうすでに夏バテ気味でダウン寸前!休暇取りたい!

小ネギも厳しい暑さのせいで、少しバテてるように見えますね。

 

水耕再生栽培:最長16.5cm

水耕栽培は、元気いっぱい。

根っこも異常なし(変色無し)。

 

植木鉢再生栽培:最長13cm

よく見ると、白い斑点がたくさん?茎もヨレヨレで弱々しい

調べてみると、アザミウマなる害虫被害かも?

アザミウマは、黄色に寄ってくるらしい。(鉢の色選択失敗したかも)

とりあえず、白い斑点のある茎は、根元から切り取って除去しました。

植木鉢は、最近はずっと外に置いていたので、害虫が卵産み付けたのかも?

水耕栽培の方は、被害無し。多分、夜に玄関の中にしまっているからかも?

植木鉢も、しばらく夜は玄関の中にしまっておくことにします。

やっぱり、夏場は害虫との戦いになるのか?不安です。

 

暑さでぐったり!2回目収穫! 7月6日(32日経過)

日中、外に置いていたのがいけなかったのか?

水耕栽培の小ネギが、ぐったりしてました。

たぶん厳しい暑さのせいですね。連日気温30℃超え。

暑ーい直射日光が当たったかも?

なので、無理矢理2回目収穫としました。

水耕再生栽培:最長18cm

根っこも赤っぽく変色してきました。少し臭いました。

水替えしましたが、もうダメかも?

 

植木鉢再生栽培:最長12cm

こちらは、害虫被害もありましたが、元気に再生していました。

収穫にはまだ早かったですが、水耕栽培と合わせて収穫しました。

 

これで収穫と言えるかは疑問ですが、味噌汁で美味しくいただきました。

 

完! 7月17日(43日経過)

残念ながら、水耕再生栽培は、全滅しました。

夏場の暑さで水温が上がって、根っこが腐ったみたい。

 

植木鉢再生栽培は、少しは再生していますが、細くて何か白っぽい斑点が?病気?

(アザミウマによる被害のようでした)

もう、希望無さそうだったので、これで終了とします。

長い間お疲れ様でした。

 

結果

水耕・植木鉢再生ともに2回

水耕再生栽培は、遮光の効果で緑色の変色は防げましたが、

水温上昇のせいか?根っこが早く腐ったみたい。

植木鉢再生栽培は、害虫被害で終了。

 

失敗の原因

小ネギ(万能ネギ)の再生は、夏場の気温の高い時期は、あまり向かない

夏場は、害虫が発生しやすい?(外での再生栽培は、要注意!)

植木鉢の色の選択失敗。(黄色は害虫を寄せつける?みたい。無知でした(T_T))

土の水はけが悪かった?(ネギは乾燥に強いが、加湿に弱い)

 

次への改良点

土壌改良:水はけのいい材料を混ぜ込んで、水はけのいい土を作る

植木鉢の選択:通気性の良い植木鉢(素焼きの植木鉢等)を選ぶ。

水のやり過ぎに注意する。(カラカラでも問題なし、土の中は、以外に湿っている)

 

最後に

でも、あまり考えずに、 手軽に再生栽培を楽しむだけなら

遮光した小瓶に水だけ入れて、室内(明るい窓際)で2回ほど再生

くらいが、ストレスフリーで、いいのかもしれませんね。

こういうチャレンジは、基本的に楽しくないといけませんからね。

 

『何事もやってみないとわからない』精神で、また次のチャレンジしていきます。

ABOUT ME
よしな
《長崎》在住の ”よしな” と申します。異国情緒&ネコ香る長崎より愛と勇気を込めて発信中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。